雑記帳

プライバシー重視のメッセージアプリならSignal

スマホにプライバシー重視のメッセージアプリの「Signal」を入れました。

今、LINEの情報駄々洩れ問題が大問題になっております。何が問題なのかわからない方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

LINE問題

個人情報保護法(日本の法律)では、海外の拠点で個人情報を扱う場合、ユーザーの同意を得るよう定めている。LINEは規約で「個人データ保護法制を持たない第三国にパーソナルデータを移転することがある」としており、同社はこれに基づいて情報を提供したとしている。ーITmedia NEWS

中国政府に情報開示するよう言われた中国の企業は、拒否したら罰則があります。中国企業に預けた個人情報・プライバシーは無いものと思わなくてはなりません。他の国にはない、そういった特殊な法律「国家情報法」が中国にはあるからです。

 

こうなると、個人情報保護を超えた安全保障上の大問題ですよね。

 

暗号化された会話のために使用されていたそのアプリは、米国時間3月16日午前時点で中国大陸部で利用できないことをTechCrunchのテストが確認した。

Signalはプライバシーを強固に守ってくれる無料の暗号化ツール。ということで私もSignalを入れました。

 

 

Signalはこんなアプリです

・世界中で数百万人がSignalを利用

・無料

・メッセージを送受信したり、音声通話や高画質のビデオ通話に参加したりできる

Signalの高度なプライバシー保護テクノロジーが常に有効。 最先端のエンドツーエンド暗号化 (オープンソースのSignal Protocol™ を使用) により、会話の安全性保持。すべてのメッセージや通話を、いつでも保護。

• 低速のネットワークなど、制約の大きな環境においても機能する。

•  Signalは、完全に独立した501c3の非営利団体。開発は一般ユーザーにより行われ、広告もなければ、トラッキングも無し。

• 既存の電話番号とアドレス帳を使用。

•  内蔵の画像編集機能を使用して、写真を送信する前にスケッチを加えたり、切り抜いたり、反転したりできる。画像にテキストを追加することができる。

 

Signalを使ってみました

連絡には電話番号を使います。

最初に連絡帳へのアクセスを許可したところ、

「連絡先には、すでにSignalを使用中の人がいます:(名前)」

と表示されましたが、たったの一人でした。普及率はまだまだですね。

でも、連絡したい人にもこのアプリをすすめればよいだけです。

 

画面は地味です。むろんLINEのスタンプも使えませんが、

特にプライバシーを守りたい場合の選択肢としていかがでしょうか。

 

ではまた。

もしお役に立てた記事があれば
応援クリック ↓ お願いします☆
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ ___ にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ ___

-雑記帳

© 2021 水色ブログ~楽しい投資生活